女性

いぼの切除を頼む【治療後はとても美しい見た目】

体のコンプレックス克服法

顔を触る人

おすすめの治療方法

いぼは、外見の美しさを損なわせてしまう、老けて見えてしまうなど様々なトラブルを引き起こしてしまうものです。しかし、いぼを自分で切除するのはとても危険なことです。突起しているタイプのものであれば、消毒して自分で切り取ってしまうという人も少なくありませんが、傷口にばい菌が入って感染症を起こしたりなど様々なリスクも考えられます。切除を考えている場合は、必ず皮膚科か美容整形外科といった専門クリニックにて治療を受けましょう。いぼの切除についての手術方法は様々なものがあります。形や場所によって、適切な方法を医師が診断してくれます。中でも、最も多く使われるのが炭酸ガスレーザーという治療方法です。炭酸ガスレーザーは、患部に炭酸ガスで出来た特殊なレーザーを当てて切除を行う方法です。費用は自由診療となりますので保険が効かない場合が多いですが、大体1〜5万円程度かかるということを覚えておきましょう。また、中には炭酸ガスレーザーではなく、電気メスなどを使って直接切除してしまう方法もあります。医師の判断によって治療方法は異なりますが、この場合はもう少し費用が高くなることが多いでしょう。またいぼの形にも様々なものがあり、診断のもと、いぼだとおもっていたら悪性の腫瘍だった、というようなことも考えられます。そのような場合は、美容整形外科ではなく、皮膚科にて手術を行う必要があります。そのためまずは、医師にしっかり診断してもらうことが大切です。悪性のものでない場合は、やはりおすすめなのは炭酸ガスレーザーによる治療です。治療の流れや具体的方法などを詳しく見ていきましょう。炭酸ガスレーザーは、削る深さや形を自由に操ることが出来ます。そのため、どのようないぼの形状でも、基本的に対応することが出来るもっともポピュラーな方法と言えます。治療の流れとしては、まずは切除予定部分をしっかり洗浄し、汚れを取り除き消毒をします。消毒が終了したら、部分麻酔をかけます。注射を使って麻酔をかけますので、チクっとした痛みを感じることがありますが、基本的に痛みを感じるのはこの麻酔をかけるときのみです。治療中は、麻酔もきいており、また短時間で終わるので、ほとんど痛みを感じることはありません。麻酔がしっかりかかったことを確認したら、いよいよ炭酸ガスレーザーでいぼを削っていきます。形や大きさにもよりますが、治療自体はとても簡単なので、5分もかからずに終了します。無事に切除が完了したら、鎮静剤や軟膏などを塗って、患部にテープやガーゼを当てて、治療は終了となります。入院などの必要はありません。治療後は、一週間程度、患部の洗浄、薬の塗布、テープの保護という作業を毎日繰り返しましょう。そうすることで、傷口が綺麗になり、治療の跡をほぼ目立たなくすることが出来ます。このように、治療が終わったあとも、自宅ケアが必要になります。医師に言われたことをしっかり守ることで、きちんとした効果を得られるようになります。いぼに関してコンプレックスを持っている場合、早めにクリニックを受診し治療を受けてみましょう。無料カウンセリングを行っているクリニックがほとんどですので、自分のいぼの形状やかかる費用などの相談から始めてみてはいかがでしょうか。